ホーム > 出会い > 当たり障りのない表現で親を安心させる

当たり障りのない表現で親を安心させる

最近では、結婚をした方々の中で、インターネットがきっかけで出会った人達の割合が徐々に高くなってきています。

実際のところ、今は、インターネットで、買い物を楽しんだり、情報収集したりすることが、普通のことになって来ているので、そういったカップルが目立つようになっても、何の不思議はありません。

でも、反面、ネットで出会えた人と結婚するんだと親に伝えると、大反対される可能性も少なくありません。

そういった場合はどのように対応したら丸く収まるのでしょうか?

違う理由を言う

インターネットがきっかけで出会ったと親に伝えて不審に思われそうであれば、正直に言わないというのも一つの方法です。

知人や友人の紹介とか、合コンがきっかけで知り合ったとか、当たり障りのない表現で親を安心させている人達は結構いらっしゃるようです。

もちろん、本当のことを言わないことは良くないことだとは思いますが、まともに言うと、変な誤解をされるよりは、マシなのではないでしょうか。

どんな人なのかをちゃんと伝える

だけれど、インターネットで出会ったことを隠そうとしてもいつか親にバレることも十分あり得ます。

また、嘘をつき続けるのは、良くないかとも思います。

そういった意味で、いつか真実がバレても反対されないよう、親に対して付き合っている相手がどれだけ素晴らしい人なのか、しっかり伝えていくことが大切でです。

どのような仕事をしていて、どんな性格の人で、どこに一体魅かれたのか、ということなど。

つまるところ、親の観点では、出会いのなれ初めも重要だと思いますが、そんなことよりもっと大切なことは相手との出会いを通じてあなた自身が実際に幸せになれるかどうかということなのです。

そのためにも、とにかく相手の方について知ってもらえるよう努力してみて下さい。

ネットでの出会いは当たり前の時代が来る

今だけを見たら、きっかけが出会いということは、日本の場合では、まだ少数派となっています。

しかしながら、欧米などの海外では、ネットを通じて知り合って結婚に到ることが主流となってきています。

日本でも将来的に、ネットで出会う人達の割合が増加し、親がネットを通じた出会いと聞いても何の抵抗も感じない時代が到来するのではないでしょうか。

出会いを越谷で見つける


関連記事

  1. 当たり障りのない表現で親を安心させる

    最近では、結婚をした方々の中で、インターネットがきっかけで出会った人達の割合が徐...

  2. 習い事は子供がやるイメージが強い人も多いけど

    出会いの場を求めるやり方の一つとして習い事があります。 習い事は子供がやるイメー...