ホーム > 健康男子 > 正しく歩くだけで体の疲れ方は違う

正しく歩くだけで体の疲れ方は違う

すぐ肩凝りになる、体がだるいなどの症状はありますか。健康が一番だということはわかっていても、なかなか健康を維持するのは難しいです。朝シャキッと起きて夕方までばりばり働けたら、心もすっきり健康になることでしょう。つまり、健康になるための第一歩は、体の一日分の疲れをきれいに取り除いてあげることが必要なのです。

 

肩凝りやだるさは、筋肉が緊張状態で固まったり、固まった状態が長く続くことが原因です。これは一日ごとにほぐしてあげると良いですが、毎晩ストレッチなんて忙しい人には一分一秒でも早く眠りにつきたいものです。出来れば肩凝りにならない体を作ることをおすすめします。

 

それは、正しい姿勢で歩くことです。手を自然に振り少し大股で早めに歩くのがポイントです。からだ全体の筋肉をほぐすのには歩くのが簡単です。背筋をピンと伸ばして肩の力を抜いて真っ直ぐ前を向いて歩けば、緊張した筋肉はほぐれ、骨も臓器も正しい位置へ戻り始めます。通勤するとき、少し席を立ったとき、これを意識しながら歩けば今までの体とは随分違う健康な体になるでしょう。

 

ぜひ自分の歩き方を見直してはいかがでしょうか。

 

最近健康とともに頭皮が気になりだしたという方AGA専門病院に通われる方もいるのではないでしょうか?

AGA治療薬の注意点についてはこちら